テリーヌの意味とは?【歴史やパテ・リエットの違いについて】

テリーヌの意味とは?【歴史やパテ・リエットの違いについて】

 

こんにちは、ANO TERRINEです。


私たちは「非日常のおいしさ」
を感じられる、
濃厚なチーズテリーヌを
提供しています。

 

テリーヌといえば、
フランスを代表する
有名料理の一つです。


断面の美しさが特徴で、
コース料理の前菜として
出されることも。


テリーヌの
意味・歴史・作り方を中心に、
デザートとしての魅力も紹介します。


テリーヌの意味や歴史について

歴史

 

華やかな見た目が特徴の「テリーヌ」。


本来は焼き上げるときに使用する
「型」を意味します。 


一見すると
高級品のように感じますが、
誕生のきっかけは
何だったのでしょうか。


テリーヌの意味や歴史について
解説します。


テリーヌの意味は「型に具材を詰めて焼いたもの」


テリーヌとは、フランス語で
「陶器(テラコッタ)や
鋳鉄(ちゅうてつ)でできた
蓋付きの容器」を意味します。


料理名というよりは、
焼くときに使用する
型を指す言葉だったのです。


料理名としての意味は
「専用の型に具材を敷き詰め、
焼き上げたもの」を表します。


つまり、テリーヌ型を使って
調理したものが
「テリーヌ」と
呼ばれているのです。

 

本場フランスでは、
豚肉・フォアグラ・魚介類・野菜など、
さまざまな具材を入れて
調理されています。


テリーヌ型に油脂や綱脂を敷き、
具材を詰めてから
焼き上げる方法が
伝統的な作り方です。


ほかにも、
湯煎焼き・蒸し焼き・ゼリー寄せ
があります。


テリーヌは冬の食糧不足から生まれた食べもの


テリーヌといえば、
結婚式やフレンチのコース料理で
食べる機会が
多いのではないでしょうか。
 

敷居の高いイメージがありますが、
もともとは
冬の食糧不足を解消するために
生まれた食べものです。


中世ヨーロッパの
食糧不足が起きた時代。


冬の保存食として
フランスの一般家庭で
作られるようになったのが
始まりとされています。

 

調理の過程で肉に含まれる油脂が
ゼラチン質に変わり、
食材の劣化を防いでいたのです。


余った野菜・魚介・肉の切れ端などを
有効活用するための料理で、
本来は素朴な家庭の味でした。


テリーヌの食べ方は「前菜として見た目を楽しむ」

テリーヌ

 

テリーヌといえば、
1切れずつカットしたものを
プレートに盛り付け、
ソースと一緒に食べるのが一般的です。


野菜で彩られた断面は美しく、
前菜として見た目も楽しめます。


本場のフランスでは
「スーパーで気軽に買える食べもの」
として扱われており、
テリーヌやパテのコーナーが
設けられているほど。


日本でいうところの
「お惣菜」のような位置付けで、
フランス国民に愛され続けています。


日本でも食事として食べるほか、
ショコラ・チーズ・抹茶などを使った
デザートが販売されています。


テリーヌの基本的な作り方

テリーヌ

 

冒頭でお伝えした通り、
テリーヌは専用の型に食材を詰め、
焼き上げる作り方が基本です。


フォアグラが入った濃厚なものや、
野菜だけで作る
あっさりしたものもあります。


今回は、
テリーヌの基本的な作り方
を紹介します。

 

テリーヌ型に肉や野菜を詰めて焼く方法が一般的


テリーヌに使用する主な食材は、
豚肉(ミンチ)・レバー・フォアグラ・魚介・野菜
などが挙げられます。

 

食材や作り方に厳密な定義はなく、
テリーヌ型を使用した料理を
「テリーヌ」と呼ぶことも。
 

食糧不足を解消する保存食だったこともあり、
詰める食材は作り手によってさまざまです。
 

つぎに、基本的な作り方を紹介します。

 

  1. テリーヌ型に豚の脂を塗る
  2. 細かく刻んだ具材をテリーヌ型に詰める
  3. 蓋をし、オーブンで焼く
     
    脂を塗る代わりに
    「綱脂(あみあぶら)」と呼ばれる
    網状の脂を敷くこともあります。

     

    刻んだ食材をフードプロセッサーにかけ、
    ムース状にしたものを詰めることも。

     

    オクラ・パプリカ・ブロッコリーなどの
    緑黄色野菜を詰めると、
    きれいな断面が作れます。


    同系色の野菜が重ならないように
    散らしながら詰めるのがポイントです。

      
    お好みで、塩・こしょうなどをふり、
    ソースを添えれば完成です。


    テリーヌをデザートとして食べることも


    テリーヌといえば、
    ショコラテリーヌをはじめ、
    クリームチーズを使用した
    チーズテリーヌも有名です。


    特にチーズテリーヌは、
    新たなチーズケーキの形として
    注目を集めています。


    ショコラテリーヌに似た食べもので
    「ガトーショコラ」がありますが、
    大きな違いは
    「小麦粉を使用しているかどうか」です。


    テリーヌは

    小麦粉を使わずに焼き上げるものが多く、
    とろけるような
    「濃厚食感」生み出しています。

     

    フランス料理のパテ・リエットとの違い

    リエット

     

    フランス料理には
    「パテ」「リエット」と呼ばれる、
    テリーヌに似た料理があります。

     

    どちらも
    塩味が強いペースト状で出されることが多く、
    バゲットやクラッカーに乗せて
    食べることもあります。


    テリーヌと混同しやすい、
    パテ・リエットの違いについて
    解説します。
     

     パテは本来「パイ生地」で包んで焼いたもの


    パテはテリーヌと見た目が似ていることもあり、
    混同しやすい料理です。


    本来は、
    「ペーストにした食材を
    パイ生地に包んで焼き上げたもの」
    をパテと呼んでいます。

    とはいえ、
    近年ではパテの定義も
    曖昧なものになりつつあります。


    パイ生地で包んでいない
    ペースト状のものを
    「パテ」として扱うこともあるのです。


    パイ包みのパテは
    そのまま食べる方法が一般的ですが、
    加熱していない状態のパテを
    クラッカーやパンに塗って
    楽しむこともあります。


    リエットは豚肉を煮込んで冷やしたもの


    リエットとは、
    豚・ガチョウの肉を
    脂や調味料と一緒に煮込み、
    冷やして作る料理のことです。

     

    もともとは、
    豚肉を長期保存するために
    誕生した料理です。


    本来は「肉の塊」という意味でしたが、
    ペースト状にしたものも
    リエットと呼ぶことがあります。


    塩味がきいているので
    ワインとの相性もよく、
    バゲットやクラッカーに乗せて
    食べる方法が主流です。


    フードプロセッサーを使用し、
    食感をなめらかにしたものを
    ソースのように使うこともあります。


    温野菜の付け合わせや、
    パスタのソースとして
    使う方法もおすすめです。


    近年では、
    豚以外の肉や魚で
    リエットを作ることも。


    パテと同様に
    定義があやふやな部分はあるものの、
    さまざまな楽しみ方ができる料理です。


    デザートとして食べるテリーヌの魅力


    京むら抹茶レアチーズテリーヌ

      

    テリーヌは
    料理としてだけではなく、
    デザートとしても楽しめます。

     

    テリーヌでしか再現できない
    「濃厚さ」「なめらかさ」は、
    ぜひ一度体験してもらいたいものです。

     

    ANO TERRINEが提案する、
    風味豊かな
    チーズテリーヌの魅力を紹介します。


    チーズテリーヌでしか出せない重厚感


    ANO TERRINEでは
    各都道府県の厳選食材を使用した
    チーズテリーヌを販売しています。


    その土地でしか味わえない
    「感動」「おいしさ」。

     

    2つを同時に表現できるのは、
    ほかでもない
    チーズテリーヌだけだったのです。
     

    どっしりとした
    重厚感がありながら、
    口に入れた瞬間に
    とろけていくような
    繊細さが魅力です。


    あっさりとした
    チーズテリーヌを楽しみたい人は、
    北海道バスクチーズケーキ
    がおすすめ。


    京むら抹茶レアチーズテリーヌ
    なら、
    とことん追求した
    濃厚な食感・味わいを楽しめます。


    テリーヌでしか体験できない
    「濃厚食感」を
    ぜひお楽しみください。

      

    冷凍保存で欲しい量だけ切り分けが可能


    ANO TERRINEでは、
    チーズテリーヌを
    冷凍した状態で提供しています。


    冷凍保存にすることで、
    日持ちの短い厳選食材を
    より長く楽しめるようになりました。


    冷凍状態でお届けすることにより、
    製造から
    約1年の日持ちが可能です(※)。


    欲しい量だけ切り分けができ、
    日々のちょっとした贅沢時間として
    お楽しみいただけます。

     
    また、冷凍・半解凍・全解凍と、

    3つの食べ方ができるのも特徴です。


    アイスのように食べられる
    冷凍状態から、
    極上の口溶けが楽しめる
    全解凍まで、
    ぜひお好みの食べ方を
    見つけてみてください。


    ※正確な賞味期限については
    商品の表示ラベルをご覧ください。


    まとめ

    北海道バスクチーズテリーヌ

     

    今回はテリーヌの意味を中心に、
    歴史・基本的な作り方など
    テリーヌの魅力について
    紹介しました。

     

    ほかのフランス料理と
    混同されやすい
    パテやリエット。


    明確な違いは
    「テリーヌ型を
    使用しているかどうか」
    にあります。


    料理として楽しむ一方で、
    デザートとして食べるテリーヌも
    人気です。

     

    特に、チーズを使用したテリーヌは
    新しいチーズケーキの形として
    注目を集めています。


    ANO TERRINEでは、
    各都道府県の特産品を
    贅沢に使用した、
    上質なテリーヌをご用意しています。

     

    口の中でとろけてしまうような
    濃厚な口溶けが特徴です。


    この機会に、
    ANO TERRINEの
    チーズテリーヌを
    ぜひお楽しみください。