京むら抹茶レアチーズテリーヌのアレンジレシピ

京むら抹茶レアチーズテリーヌのアレンジレシピ

 

今回は、アノテリ・シェフだけが知っている”悪魔的アレンジレシピ”をこっそりお伝えします。


アレンジするのは、京むら抹茶レアチーズテリーヌです。

 

 

テリーヌに使用する茶葉は、京都府に唯一存在する村、南山城村(みなみやましろむら)で栽培される品種です。


その中でも、煎茶部門で20年連続1位を受賞する特別な茶葉、「オクミドリ」を贅沢に使用しています。

 

京むら抹茶チーズテリーヌ

 

抹茶レアチーズテリーヌはそのまま食べても、もちろん美味しい。


しかし、ある食材を”ちょい足し”すると、一味も二味も違った楽しみ方ができます。


抹茶スイーツ好きのシェフが抹茶スイーツ好きのために贈る、究極のアレンジレシピをご紹介します。

 

悪魔的美味しさの”ちょい足し”レシピ

食材

 

今回は手軽に買える食材でできるアレンジ方法を紹介します。


”ちょい足し”で楽しい味の変化をお楽しみください。

 

アレンジその1【ローストくるみで食感をプラスする】

くるみ

 

 生クリーム・くるみ・黒蜜を添えた、くるみの食感と風味を楽しめるアレンジ方法です。


抹茶と相性抜群の黒蜜が、テリーヌと他の食材をうまくまとめてくれています。


生クリームは甘さを控えた、ゆるい7分立てがおすすめです。


抹茶とチーズの濃厚な風味を活かすため、あくまでも”ちょい足し”がポイント。


くるみはカリッとした食感と香ばしさを感じられる、ローストタイプが適しています。

 

アレンジその2【溶かしマシュマロにディップする】

マシュマロ

 

トロッと溶けたマシュマロがなんともクセになる、寒い冬にぴったりのアレンジ方法です。


生クリームを添えるよりも簡単で、カロリーも抑えられます。


溶けたマシュマロは固まりやすいので、たっぷりディップしたい人は湯煎で溶かす方法がおすすめです。


電子レンジで溶かす場合は、水にくぐらせてから加熱してください。


500wの電子レンジで30秒〜1分ほどが目安です。


色付きのマシュマロを使うと、よりおしゃれに見えます。

 

アレンジその3【熱々のホワイトチョコレートにディップする】

ホワイトチョコレート

 

濃い甘さが特徴のホワイトチョコレートとチーズテリーヌを組み合わせた究極のアレンジ方法です。


ミルク感の強いホワイトチョコレートは抹茶との相性もよく、ディップするだけで”罪深いスイーツ”ができあがります。
 

自分へのご褒美として特別感を出したいときにぴったりです。

 

 

いかがでしたか?
アノテリ・シェフが贈る究極のアレンジレシピ、どうぞお試しください。

 

【京むら抹茶テリーヌのご購入はこちら